□竣工までのプロセス

①設計の相談

メールまたはお電話にてご相談ください。その後、お会いして計画の概要、ご要望を伺います。具体的な作業の伴わない相談は無料です。事前にご連絡いただければ、打ち合わせは祝祭日でもかまいません。また相談の後、こちらから営業活動は行いませんので、お気軽にご相談ください。

→  お問い合わせはこちらから

RIMG0680.JPG敷地調査

②基本設計(計画案の作成)

打ち合わせを通して、建物に対する要望をお聞きします。予算を把握し、敷地の状況や法的制限を踏まえて、要望される建物のイメージや機能を図面、模型等で検討し、かたちにしていきます。既成の概念にとらわれずに、敷地のもつ条件を最大限に活かしきれるように様々な検討を行い、最良と思われる案を提案いたします。打ち合わせを重ね、検討、修正を繰り返して案をまとめます。この段階でお断りになることもできます。

RIMG0003.JPG1/100ボリューム模型でのスタディ

③設計監理契約

基本設計で、計画の方針がほぼ固まった時点で、設計監理契約を締結させて頂きます。

たけのこ保育園プレゼ図面.jpgプレゼンテーション図面

④確認申請

基本設計が終了した段階で、役所へ建物の建築の許可を申請する、確認申請を行います。また建物の規模や用途によっては、確認申請の事前に行わなくてはならない事前協議が多々あり、基本設計図をもとに、確認申請提出前に終了させておく必要があります。
この段階で、構造計算を構造事務所へ依頼し、解析と計算書を作成します。また設備設計事務所へ、設備設計を依頼し、建築の設計図とあわせて図面一式を役所へ提出し、工事着工前までに許可を受けます。建物の規模にもよりますが、事前協議を含めるとこの間約4~5ヶ月を要します。

RIMG0024◎模型.jpg1/30模型でのスタディ

⑤実施設計

基本設計がまとまった段階で、確認申請の作業と平行して実際に工事するために必要な詳細図面を作成します。この間も細かな部分の打ち合わせを随時行い、具体的にどんな仕上げ材にしたいか等の情報を取り込んで、図面を作成いたします。

RIMG0024◎.jpg仕上げ材料選定のための プレゼンテーションボード

⑥施工会社決定(工事請負契約)

実施設計でまとめた図面をもとに工事費の見積をとり、施工会社の選定を行います。施工会社は、お施主様と付合いのある信頼できる業者への特命や、いくつかの業者による競争見積によって選定します(通常3社程度)。施工会社から提出される見積書は詳細で専門的であるため、その内容を設計事務所がお施主様の立場から査定し、予算内に納めるように、見積りと図面の調整を行います。最終的に工事費が確定した段階で、施工会社と契約していただき着工します。

青焼き図面.jpg実施設計図

⑦着工~工事監理~竣工引渡し

工事が開始されたら、施工会社が施工するために作成した図面を随時チェックしていきます。また、お施主様の代理として現場に行き、図面どおりに工事が行われているかを確認し、必要に応じて施工者への手直しの指示等を行います。また、細部の最終決定に向けて、詳細部分の図面のチェックや仕上げ材料等の現物サンプルでの確認をして、施工者への指示をします。
また、工事中に行われる役所の中間検査、竣工検査にも立会います。
建物が完成した時点で傷や汚れの検査を行い、手直し工事が完了したことを確認して、お施主様に建物を引き渡します。
竣工後も、メンテナンスをはじめ、改修等の様々な相談に対応いたします。

RIMG0007.JPG現場監理

□設計料について(設計監理費・構造計算費を含む)

○新築戸建て住宅の場合
  工事費の12% (最低金額200万~)

○マンションの住戸リノベーションの場合
  工事費の10% (最低金額50万~)

○その他、マンション・オフィス等新築の場合
  規模に応じて工事費の6~10%を目安に調整  

 (別途 消費税、建設地が遠方の場合の交通費、公的機関へ支払う確認申請等の申請料)

 以上を目安にいただいております。詳しくはお問い合わせください。

RIMG0228○72.jpg竣工

□基本計画の提案書を作成いたします

 お話をうかがった後、作業をすすめてみたいという方のために、計画案を作成いたします。
 計画を進めるうえでのたたき台として、初回の計画案は無料で作成いたします。
 その後、もう少し具体的に計画を進めてみたいと思われた方には、有料で提案書(基本設計図とスタディ模型)を作成します。 

 内容 「現地調査・法的制限の確認・基本設計図・スタディー模型作成」

○新築住宅の場合
  一式5万円  (A3用紙 3枚程度)

○マンションの住戸リノベーションの場合
  一式3万円  (A3用紙 2枚程度式)

その後、私たちと一緒に家作りをして行こうと判断していただいき、設計契約していただいた場合、提案書の費用は、設計料から差し引かせていただきます。