野崎哲郎の主宰する建築設計事務所です

建築家として

それぞれの状況に応じた個別解をクライアントと一緒に考えて創造したいと思います。奇をてらわず、シンプルで穏やかに日常の生活が豊かに過ごせる空間をつくりたいと考えています。

住宅であれば、ご要望をうかがい、打ち合わせとスタディを何度も繰り返し、仕上げ材の手触りを確かめながら設計します。こうしたプロセスを経てつくられた住宅は、建売住宅やハウスメーカーの住宅にはない、お施主様のご家族らしい空気が自然と漂う住宅になると考えています。


「ハウスメーカーの住宅展示場に行ってきたけど、私たちの住みたい家のイメージとは違うなあ・・・。」
「新築マンションを見たけど、どこも同じようでなかなか気に入らない。中古のマンションを購入してリフォームしてみようか・・・。」
「子供が独立したので使わない個室があるのだけれど、リフォームしてリビングを広くしたいなあ・・・。」

私たちと一緒に、ご自身のライフスタイルにあった家づくりを考えてみませんか。

公園1.jpg


218515.jpg

ファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタントとして

建築のデザイン・設計監理だけでなく、建築、不動産に関するコンサルティング、事業計画をふくめた相談に対応しています。

デザインや立地の特性を無視した、建物には魅力がありません。また、特徴のない空間は古くなるにつれて集客力が落ち、賃料の価格競争に巻き込まれてしまいます。 
デザインを優先したために、賃貸スペースが狭くなってしまったり、工事費が高くなってしまっては、高い収益性は実現できません。また、竣工後のメンテナンスに多くのコストがかかっては、長期的な事業に適した建物とは言えません。

デザイン性を高めつつ、事業収支と施工コストのバランス、竣工後のメンテナンスを意識し、長期的な視野にたった計画を目指します。
建築家としての役割とファイナンシャルプランナー・不動産コンサルタントとしての役割のバランスをとりつつ、お施主様の事業のお手伝いをさせていただきます。

個人オーナーの賃貸マンションから、大手ディベロッパーの大型分譲マンションまで、集合住宅の設計監理の実績がホームページに掲載している以外にも多数あります。また、大学院在学中には集合住宅を研究し、修士論文を建築学会で発表しました。そのため集合住宅の設計には特に思い入れがあります。アパート・マンション経営をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

みなとみらい1.jpg



空1.jpg

ZEH:2020年基準の家

野崎哲郎建築設計事務所では、より高性能の住宅を提供していくために、「ZEH(ゼロエネルギー住宅)」の普及に取り組んでおり、「平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」が公募する「ZEHビルダー」に登録致しました。2020年度までにZEH普及目標50%以上を目指します。





  年度 2016年度
(平成28年度)
2017年度
(平成29年度)
2018年度
(平成30年度)
2019年度
(平成31年度)
2020年度
(平成32年度)
ZEH 
普及実績 普及目標 普及目標
普及目標
普及目標
  注文住宅 0% 15% 20%
25%
30%
  既存改修 0% 5% 10% 15% 20%
  合計 0% 20% 30% 40% 50%