TETSUO NOZAKI ARCHITECT STUDIO
野崎哲郎建築設計事務所

Z-PARKプロジェクト

2010年6月に行われた、神奈川県逗子市第一運動公園再整備プロポーザルコンペ応募案です。
地域に開かれた公園内の交流施設として、以下の特徴をもった計画を提案しました。

○公園の既存の並木、植栽、地形をできる限り保存する。
○低炭素社会に向けた施設として、構造、仕上げに木材を使用する。
○ガラス貼りの多目的ホールを中心に配置した明快なゾーニング。
○自然エネルギーを最大限利用する。
(パッシブソーラーシステム・壁面緑化・自然採光通風等)
○大断面木造格子梁と登り梁によるシンプルで力強い構造。



□用途 交流施設
     (体験学習施設・多目的ホール・
      ラウンジ・屋外プール他)
□所在 神奈川県逗子市
□階数 地上2階   
□面積 2500㎡
□計画 2010年

□共同設計 佐久間達也空間計画所
□構造設計 ASA 鈴木啓

Z-PARK1.jpg自然採光の多目的ホール

Z-PARK2.jpg多目的ホールと視覚的に連続するラウンジ

Z-PARK3.jpg芝の広場につながるテラス