TETSUO NOZAKI ARCHITECT STUDIO
野崎哲郎建築設計事務所

T-apartment

横浜市に計画中のアパートです。(プレゼン案)
敷地は私鉄の駅から徒歩5分ほどの閑静な住宅地にあります。
1970年代にベットタウンとして開発され、30数年を経て、少しずつ街が新陳代謝をはじめています。一区画が比較的大きくつくられていることから、周辺でもポツポツと一戸建ての住宅が、アパートへ建替えられています。そこで、差別化を図るために、メゾネット形式の住戸をならべた、重層長屋形式のアパートとしました。
若い夫婦世帯が、戸建住宅に近い感覚で住めるような計画をめざしています。



□用途 アパート(メゾネット形式)
□所在 神奈川県横浜市
□階数 地上2階+ロフト
□規模 4戸
□面積 153.12㎡(+ロフト32.73㎡)
□竣工 未定  (H25年1月現在 計画継続中)

Tアパート1.jpg駅からのアプローチ方向から望むTアパート2.jpg重層長屋形式のアパート Tアパート3.jpg住戸専用駐車場

Tアパート4.jpg南向きのの大きな窓Tアパート5.jpgすべての住戸がロフトを もつ3層構成Tアパート6.jpg玄関扉を住戸ごとに 個別にカラーリング